春から夏に向けてのスキンケア対策

私は乾燥肌なので、特にスキンケアに気を使っています。
さらに敏感肌なので、正直あまりメイクをしたくありません。

今は自宅で仕事をしているので、メイクをすることはあまりありません。
しかし、買い物に出かける時などはやはりスッピンで出かけるのも気が引けてしまいます。

冬はマスクやサングラスなどをして買い物に行っていたので、スッピンでも良かったのですが、これからの季節はそうもいかなくなるでしょう。

春は特に肌が乾燥して、さらに花粉の影響でかぶれてしまいます。
その上にメイクをしてしまうと、メイクを取った後の顔が赤くなってしまいます。

少し前にそのことを家族に指摘されてから、メイクをするのが怖くなってしまいました。
もう少ししたら肌の状態も落ち着いてくると思うので、またメイクを再開したいと思います。

夏は紫外線の影響もあり、やはりスッピンで出かけるのは肌にも良くないと思います。
メイクによる肌への影響の方が良くないのか、それとも紫外線による影響のほうが悪いのかと考えると、どっちもどっちのような気がします。

メイクといっても私の場合は、ばっちりメイクをするわけではありません。
肌のことを考えて、毛穴が目立つ鼻を中心にうっすらとBBクリームをつける程度です。

それでもUV効果があるので、日焼け対策にも役立っています。
夏はさらに日焼け止めクリームを塗ります。

それでも肌は焼けて赤くなってしまいます。
顔は腕や首と違って、日焼けをしても茶色くはなりません。

顔は赤くなって、ひどくなると火傷のような状態になってしまいます。
それが治っても元の肌の色に戻るだけです。

シミが怖いので、小麦色の肌になりたいとは思わないのですが、それでも肌が赤くなるのはできるだけ避けたいと思っています。

夏になれば、今のような乾燥や花粉によるかぶれなどがなくなるので、紫外線対策もしやすくなると思います。

今年の夏は紫外線対策のために、帽子だけではなく、日傘も利用しようかなと考えています(^^)。

 

ニキビでツライ時期がありました

高校までは、肌に悩みもなく化粧をしたまま寝てしまった事やファンデーションの何度も重ね塗りなど今となっては考えられない事も普通にしていました。

そして、私は数年後に就職することになりました。仕事がら外に出る事は多く、朝塗っていた日焼け止めクリームももちろん取れてしまうぐらい汗をかき、塗り直すことをできるわけもなく帰る頃には化粧もほとんど取れている状態でした。

毎日何時間も紫外線もたっぷり浴び、仕事へのプレッシャーや残業や持ち帰りなどでストレスは膨れ上がっていました。

その頃からか、顔にニキビがポツポツできるようになりました。

白ニキビを隠す為、いつもよりファンデーションを濃く塗りコンシーラーも塗りニキビを隠しました。

しかし、それがいけなかったのか白ニキビが赤く腫れ上がったようなニキビに変化してきました。

そうなると潰してしまいたくなりニキビが出来るたびに潰し、ニキビ自体治ってもその潰した所だけ赤黒く跡がのこってしまいました。

エステティシャンの友だちに相談しアドバイスをしてもらいました。ニキビができても、触らない、潰さないは基本であり、しっかり化粧を落とした跡は保湿をする。

また化粧水はケチらずにたっぷり塗る事を勧められました。また、口周りのニキビはストレスや食生活の乱れが多い為、仕事が無い日はできるだけストレス発散の為出かけるなどしてストレス発散をし、お菓子や脂っこい物も少し控え普段あまり食べない野菜もしっかり食べるようにこころがけました。

そしてニキビが原因で肌がぼこぼこになりかけていたので、肌のぼこぼこを治すための方法を詳しく説明しているサイトなども参考にしてニキビ対策をしていました。

すると、すぐには変化はなかったけれどニキビはあまりできなくなりました。

また、洗顔もどろあわわという物にかえました。こちらに変えてからニキビも格段に減ったと思います。

特に女性はニキビ1つできるだけで、どうしても落ち込んでしまいますが、ニキビができない為にも食生活の見直し、ストレスを溜めない、また便秘など老廃物も体内に溜め込まない事を今後も心がけて行きたいと思います。

 

混合肌のファンデーション選び

私は典型的な混合肌で、しかもちょっぴりインナードライ気味です。

朝、私のメイクは丁寧に下地から作り込むところから始まります。ファンデーションをつけるまでに約30分かかります。

それなのに、お昼を迎える前にもうすでにTゾーンは皮脂はテカテカ、Uゾーンは乾燥でカピカピになってしまいます(ーー;

季節の変わり目になると、さらにテカテカとカピカピの落差が激しくなるので、下地はそのままにして、ファンデーションの塗り方を工夫することにしました。

もともとの肌質を活かすために、テカテカになる部分には皮脂コントロール機能のついたファンデーションを、カピカピになる部分には保湿効果が高めのファンデーションを塗り分けるという方法をとりました。それぞれ、メーカーの違うファンデーションを選んだのですが、色味もなるべく揃えて、自然な感じになるようになじませていきました。

ところが、これがとんでもない事態を引き起こしてしまったのです(T0T)

Tゾーンについては、無事に皮脂を抑えることに成功し、テカりもやや薄くなったのですが、問題は乾燥の激しいUゾーンです。

保湿効果高めのファンデーションは、確かに潤いをキープしてくれる機能がついているのですが、水分だけでなく、実は油分も強いようなのです。

その事実に気づくまでに数日かかりました。そして、Uゾーンを中心に、私の肌にとって強すぎる油分のせいで小さな吹き出物がたくさんできてしまったのです。

しかも、よれ具合も半端なかったです。頬骨に沿って入れていたチークまでどろどろになってしまい、毛穴詰まりの原因になってしまうし、顔周りの髪にもよれたファンデーションが若干ついてしまいました。

ファンデーションの量を控えめにして再チャレンジしてみましたが、やはり、同じようにUゾーンは崩れがひどいです。Tゾーンのテカり問題は何とか収まったので、Uゾーンも何とか解決したいものです。

私のように、混合肌でインナードライ気味の人はどのようにファンデーションを塗り分けているのか、もしくは、一つのファンデーションでうまく肌質と向き合えているのか、気になるところです。

 

パウダーファンデーションとリキッドファンデーション、どっちがいいの?

私は極度な乾燥肌なので、ファンデーション選びには本当に困ります´д` ;

リキッドファンデーションを使っていたのですが、メイクをしたてはいいのですが、時間が経ってくるとだんだんと肌が乾燥してきて、ガサガサになってしまうのです。

そこで、パウダーファンデーションを使ってみることにしました。ファンデーションブラシでつけると、なんだかふんわりしていい感じにつくので気に入っています。でも、やっぱり乾燥してしまうのです。特にあごのところの乾燥がひどくて、ファンデーションがよれてしまって、すごく困ります~_~;

自分にはリキッドファンデーションがあっているのか、パウダーファンデーションの方があっているのかがよくわかっていないのです。

色味も私は色が白いほうなので、サンプルの標準色では濃すぎて、サンプルを使用しても仮面をかぶったような感じになってしまって、いまいちイメージがわきません´д` ;

標準色よりもワントーン明るい色が自分には合っているような感じがして、現品を買うときには明るめのファンデーションを選ぶようにしています。いろいろなメーカーがいろいろなファンデーションを出しているのですが、自分にはどれが一番合うのかがわからず、どうしてもテレビのコマーシャルで印象に残ったものを選んでしまいます。

でも、実際に買って使ってみると肌に合わないような感じがして、失敗したことが多々あります。使わなくなったファンデーションがたくさんありますが、本当に自分にあったファンデーションを見つけるのはとっても大変です´д` ;

クリームファンデーションはカバー力がありますが、厚化粧になりそうでなかなか使うことがありません。やっぱり素肌に近いような感じに仕上がるファンデーションがいいと思って、パウダーファンデーションを使うときにも、ファンデーションブラシを使って、ふんわりとした感じで、塗るようにしているのですが、時間が経つと肌が疲れたような感じになっていまします~_~;

こんな感じでファンデーション選びに困っていたのですが、「20代のおすすめファンデーション」というサイトで紹介されているファンデーションはいいですよ。半信半疑におすすめの中のパウダータイプとリキッドタイプを使ってみたんですが、かなりいい感じに仕上がりますし、崩れも少なくて助かってます。20代だけではなくてその他の年代の人にも合うファンデーションだと思いました。

ホント、ファンデーション選びって大切です!

使用するファンデーションの変遷

独身の頃は、それこそ伊勢丹新宿店1階の化粧品フロアのハイブランドの化粧品なども使っていましたが、ここ数年はもっぱらドラッグストアでも購入できるようなプチプラのコスメラインの化粧品を使うようになりました。

ただ、独身の頃と違って、夜遅くまでお酒を飲んだり遊び歩いたりしなくなり、比較的規則正しい生活をするようになったからか、お肌自体の調子は今の方がよくなりました。それに甘えて、というわけではありませんが、ドラッグストアで購入できる化粧品もかなり優秀なものも多く、ファンデーションに関してもやはりドラッグストアで買えるようなプチプラコスメラインのものを使っています。

ちょっと前は、ミネラル配合のBBクリームの上にパウダーをはたいていましたが、パウダーの使い方がイマイチなのか、私にはしっくりきませんでした。ちょうど春先だったので、夏に向けてリキッドファンデーションを使っていたこともあります。リキッドは手で直接つけていたところ、まだらな感じにファンデーションがついてしまうというか、ムラができてしまい、スポンジを使ってもみましたが、ぬれているところとそうでないところができてしまい、リキッドを使うことはあきらめました。

結局、パウダリータイプのファンデーションに戻ってきました。パウダリー系のファンデーションは使い勝手がよいのが私にとってのメリットです。でも、気を付けないと厚塗りになっていて、かえって顔色が悪く見えたりするんですよね~( ゚Д゚)
ふと見上げた鏡とかショーウィンドウのガラスに映った自分の顔を見たとき、生気がないような顔に見えてショックを受けたこともありました。それ以来、ファンデーションは極めて薄付きになるように使うようにしています。

ただ、ちょうどこの季節、花粉症によるものなのか寒暖差アレルギーによるものなのか、肌が乾燥してしまうことで目の周りが敏感になっている時期は、特に気を付けないとファンデーションで更に肌の調子が悪化してしまうようになりました。まぶたが赤く腫れたような感じになったり、目の下の皮膚が粉を吹いたような感じになりかけたり、そんな状態を隠そうとしてファンデーションを重ねてしまったときは悲惨なことになりました。それ以降、特にこの季節はファンデーションの使い方には注意を払っています。

 

ファンデーショントラブル

ファンデーションは、女性にとって毎日かかせないもの。そんな毎日の必需品でもあるファンデーションのトラブルをいくつかご紹介したいと思います。

これはすべて私の体験談です。

一つ目は、ファンデーションをつけたまま寝てしまって、ニキビが出来たことです(;_;)

仕事で疲れすぎて、数日間落とさずにそのまま寝てしまうことが続いたら、額とフェイスラインに小さなニキビがたくさん出来てしまったのです(´-`)

元々肌が強くニキビが出来ない方だったので、突然のニキビに同僚も驚きでした。それほど酷いニキビだったのです…。
しかも、そのニキビを隠すために、ファンデーションをいつもより厚塗りしてしまうせいか、なかなか治りませんでした。

そしてあまりにも治らないので、皮膚科を受診しました(>_<)飲み薬と塗り薬が処方され、二週間くらいで治りました。

二つ目は、ずっと愛用していたファンデーションから別なファンデーションに変えたら、かなりの乾燥肌になってしまったことです(>_<)

どちらかと言えば、元々乾燥肌よりだったのですが、全然気になる程ではありませんでした。

しかし、ファンデーションを変えた途端、皮が剥けてしまう程の乾燥肌になってしまったのです(´-`)

その時冬場だったのですが、暖房の下にいるとさらに乾燥が悪化してしまい、大変でした。皮が剥けているのを隠すため、仕事中はずっとマスクをつけていました(;_;)

元のファンデーションに戻したところ、皮が剥ける程の乾燥はなくなりました。

三つ目は、夏の野外イベントでファンデーションがよれてしまい、残念なことになってしまったことです(>_<)

家を出る時はばっちりファンデーションを塗ったつもりだったのに、野外ではしゃぎすぎて途中でとれてしまったので、重ねて塗り直しました。そしてそれを何回か繰り返しているうちに、分厚くなってしまったのか、イベント後の打ち上げの飲み会の席で、よれよれで残念な状態になってしまったのです(´-`)

素敵な男性がたくさんいたので本当に恥ずかしかったです。

 

ファンデーションの選び方

女性にとってメイクする時にファンデーションは、欠かせません。

しかし、自分に合ったファンデーションと出会う事が出来るまで、多くの人がいろいろ試してみて思考錯誤しているはずです。

私も、自分に合ったファンデーションを見つけるまで、いろいろなファンデーションを試してみました。

まずは、自分に合うファンデーションの色が最初は分からず、化粧品メーカーのスタッフに相談していろいろな色を試させてもらい、自分の肌に合う色は何色のファンデーションなのか決めてもらってその場で購入していました。

以前は、ファンデーションというちパウダータイプが主流だったので、パウダータイプを使っていました。

しかし、年齢を重ねて行くと、化粧品のスタッフに相談するのが何だか恥ずかしくなって来て、ドラッグストアで自分に合う色のファンデーションを購入するようになりました。

しかし、年齢と共に肌のくすみやシミが出て来て、それをカバー出来るファンデーションがなかなか見つからず、購入した後に自分にはこのファンデーションは合わない事に気付き違うファンデーションをまた購入するという失敗も増えて来ました。

年齢と共に肌質も変わって来て、乾燥肌になって来たので、色だけではなくファンデーションの種類もパウダータイプでは、朝メイクしても昼過ぎると、肌がパサパサになりメイクがひび割れしたようになってしまい、慌ててメイクを直したりするようになりました。

パウダーファンデーションは、どうも合わないようなので、最近はリキッドタイプのファンデーションを使うようになりました。

リキッドタイプに変えてからは、昼過ぎてもメイクが崩れたり肌がパサパサになったりしなくなりました。

ファンデーションは、年齢と共に肌の色や肌質が変わってしまうので、ファンデーションの色や種類も変えて行く事が大切だと最近気付きました。

年齢と共に、肌のカバーをしなくてはいけないので、ファンデーションは重要です。