混合肌のファンデーション選び

私は典型的な混合肌で、しかもちょっぴりインナードライ気味です。

朝、私のメイクは丁寧に下地から作り込むところから始まります。ファンデーションをつけるまでに約30分かかります。

それなのに、お昼を迎える前にもうすでにTゾーンは皮脂はテカテカ、Uゾーンは乾燥でカピカピになってしまいます(ーー;

季節の変わり目になると、さらにテカテカとカピカピの落差が激しくなるので、下地はそのままにして、ファンデーションの塗り方を工夫することにしました。

もともとの肌質を活かすために、テカテカになる部分には皮脂コントロール機能のついたファンデーションを、カピカピになる部分には保湿効果が高めのファンデーションを塗り分けるという方法をとりました。それぞれ、メーカーの違うファンデーションを選んだのですが、色味もなるべく揃えて、自然な感じになるようになじませていきました。

ところが、これがとんでもない事態を引き起こしてしまったのです(T0T)

Tゾーンについては、無事に皮脂を抑えることに成功し、テカりもやや薄くなったのですが、問題は乾燥の激しいUゾーンです。

保湿効果高めのファンデーションは、確かに潤いをキープしてくれる機能がついているのですが、水分だけでなく、実は油分も強いようなのです。

その事実に気づくまでに数日かかりました。そして、Uゾーンを中心に、私の肌にとって強すぎる油分のせいで小さな吹き出物がたくさんできてしまったのです。

しかも、よれ具合も半端なかったです。頬骨に沿って入れていたチークまでどろどろになってしまい、毛穴詰まりの原因になってしまうし、顔周りの髪にもよれたファンデーションが若干ついてしまいました。

ファンデーションの量を控えめにして再チャレンジしてみましたが、やはり、同じようにUゾーンは崩れがひどいです。Tゾーンのテカり問題は何とか収まったので、Uゾーンも何とか解決したいものです。

私のように、混合肌でインナードライ気味の人はどのようにファンデーションを塗り分けているのか、もしくは、一つのファンデーションでうまく肌質と向き合えているのか、気になるところです。