ニキビでツライ時期がありました

高校までは、肌に悩みもなく化粧をしたまま寝てしまった事やファンデーションの何度も重ね塗りなど今となっては考えられない事も普通にしていました。

そして、私は数年後に就職することになりました。仕事がら外に出る事は多く、朝塗っていた日焼け止めクリームももちろん取れてしまうぐらい汗をかき、塗り直すことをできるわけもなく帰る頃には化粧もほとんど取れている状態でした。

毎日何時間も紫外線もたっぷり浴び、仕事へのプレッシャーや残業や持ち帰りなどでストレスは膨れ上がっていました。

その頃からか、顔にニキビがポツポツできるようになりました。

白ニキビを隠す為、いつもよりファンデーションを濃く塗りコンシーラーも塗りニキビを隠しました。

しかし、それがいけなかったのか白ニキビが赤く腫れ上がったようなニキビに変化してきました。

そうなると潰してしまいたくなりニキビが出来るたびに潰し、ニキビ自体治ってもその潰した所だけ赤黒く跡がのこってしまいました。

エステティシャンの友だちに相談しアドバイスをしてもらいました。ニキビができても、触らない、潰さないは基本であり、しっかり化粧を落とした跡は保湿をする。

また化粧水はケチらずにたっぷり塗る事を勧められました。また、口周りのニキビはストレスや食生活の乱れが多い為、仕事が無い日はできるだけストレス発散の為出かけるなどしてストレス発散をし、お菓子や脂っこい物も少し控え普段あまり食べない野菜もしっかり食べるようにこころがけました。

そしてニキビが原因で肌がぼこぼこになりかけていたので、肌のぼこぼこを治すための方法を詳しく説明しているサイトなども参考にしてニキビ対策をしていました。

すると、すぐには変化はなかったけれどニキビはあまりできなくなりました。

また、洗顔もどろあわわという物にかえました。こちらに変えてからニキビも格段に減ったと思います。

特に女性はニキビ1つできるだけで、どうしても落ち込んでしまいますが、ニキビができない為にも食生活の見直し、ストレスを溜めない、また便秘など老廃物も体内に溜め込まない事を今後も心がけて行きたいと思います。