月別アーカイブ: 5月 2017

春から夏に向けてのスキンケア対策

私は乾燥肌なので、特にスキンケアに気を使っています。
さらに敏感肌なので、正直あまりメイクをしたくありません。

今は自宅で仕事をしているので、メイクをすることはあまりありません。
しかし、買い物に出かける時などはやはりスッピンで出かけるのも気が引けてしまいます。

冬はマスクやサングラスなどをして買い物に行っていたので、スッピンでも良かったのですが、これからの季節はそうもいかなくなるでしょう。

春は特に肌が乾燥して、さらに花粉の影響でかぶれてしまいます。
その上にメイクをしてしまうと、メイクを取った後の顔が赤くなってしまいます。

少し前にそのことを家族に指摘されてから、メイクをするのが怖くなってしまいました。
もう少ししたら肌の状態も落ち着いてくると思うので、またメイクを再開したいと思います。

夏は紫外線の影響もあり、やはりスッピンで出かけるのは肌にも良くないと思います。
メイクによる肌への影響の方が良くないのか、それとも紫外線による影響のほうが悪いのかと考えると、どっちもどっちのような気がします。

メイクといっても私の場合は、ばっちりメイクをするわけではありません。
肌のことを考えて、毛穴が目立つ鼻を中心にうっすらとBBクリームをつける程度です。

それでもUV効果があるので、日焼け対策にも役立っています。
夏はさらに日焼け止めクリームを塗ります。

それでも肌は焼けて赤くなってしまいます。
顔は腕や首と違って、日焼けをしても茶色くはなりません。

顔は赤くなって、ひどくなると火傷のような状態になってしまいます。
それが治っても元の肌の色に戻るだけです。

シミが怖いので、小麦色の肌になりたいとは思わないのですが、それでも肌が赤くなるのはできるだけ避けたいと思っています。

夏になれば、今のような乾燥や花粉によるかぶれなどがなくなるので、紫外線対策もしやすくなると思います。

今年の夏は紫外線対策のために、帽子だけではなく、日傘も利用しようかなと考えています(^^)。

 

ニキビでツライ時期がありました

高校までは、肌に悩みもなく化粧をしたまま寝てしまった事やファンデーションの何度も重ね塗りなど今となっては考えられない事も普通にしていました。

そして、私は数年後に就職することになりました。仕事がら外に出る事は多く、朝塗っていた日焼け止めクリームももちろん取れてしまうぐらい汗をかき、塗り直すことをできるわけもなく帰る頃には化粧もほとんど取れている状態でした。

毎日何時間も紫外線もたっぷり浴び、仕事へのプレッシャーや残業や持ち帰りなどでストレスは膨れ上がっていました。

その頃からか、顔にニキビがポツポツできるようになりました。

白ニキビを隠す為、いつもよりファンデーションを濃く塗りコンシーラーも塗りニキビを隠しました。

しかし、それがいけなかったのか白ニキビが赤く腫れ上がったようなニキビに変化してきました。

そうなると潰してしまいたくなりニキビが出来るたびに潰し、ニキビ自体治ってもその潰した所だけ赤黒く跡がのこってしまいました。

エステティシャンの友だちに相談しアドバイスをしてもらいました。ニキビができても、触らない、潰さないは基本であり、しっかり化粧を落とした跡は保湿をする。

また化粧水はケチらずにたっぷり塗る事を勧められました。また、口周りのニキビはストレスや食生活の乱れが多い為、仕事が無い日はできるだけストレス発散の為出かけるなどしてストレス発散をし、お菓子や脂っこい物も少し控え普段あまり食べない野菜もしっかり食べるようにこころがけました。

そしてニキビが原因で肌がぼこぼこになりかけていたので、肌のぼこぼこを治すための方法を詳しく説明しているサイトなども参考にしてニキビ対策をしていました。

すると、すぐには変化はなかったけれどニキビはあまりできなくなりました。

また、洗顔もどろあわわという物にかえました。こちらに変えてからニキビも格段に減ったと思います。

特に女性はニキビ1つできるだけで、どうしても落ち込んでしまいますが、ニキビができない為にも食生活の見直し、ストレスを溜めない、また便秘など老廃物も体内に溜め込まない事を今後も心がけて行きたいと思います。

 

何年間も使用していたコスメが

「皮膚が乾いて引きつってしまう」、「せっかくメイクしたのに短時間で崩れてしまう」などデメリットが多い乾燥肌の女性の場合、現在使っているスキンケア製品と普段の洗顔の再確認が要されます。
肌が整っている状態かどうかの判断をする際は、毛穴が重要な役割を担います。毛穴の黒ずみがひどいと非常に不潔というふうにとられ、評価がガタ落ちになることでしょう。
洗顔に関しましては、皆さん朝と夜の計2回行なうものと思います。日々行うことであるがために、自己流の洗顔を行なっていると肌に負荷を与えることになり、結果的に大変なことになります。
「何年間も使用していたコスメが、一変して適合しなくなったのか、肌荒れが目立つ」という人は、ホルモンバランスが異常になっていると考えるべきだと思います。
ツルツルのボディーを保つためには、身体を洗浄する時の刺激を限りなく少なくすることが大事です。ボディソープは自分の肌に合うものを選択しなければいけません。

ちゃんとケアを施していかなければ、老化による肌の諸問題を抑えることはできません。一日につき数分でもこまめにマッサージを実施して、しわ抑止対策を実施した方が良いでしょう。
毛穴の黒ずみについては、適正なケアを施さないと、どんどん悪くなっていくはずです。ファンデーションを塗りたくって隠そうとせず、正しいケアをして赤ちゃんのような滑らかな肌を手にしましょう。
専用のグッズを駆使してコツコツスキンケアを励行すれば、アクネ菌の異常繁殖を抑えるとともに肌に必要な保湿もできるため、頑固なニキビに実効性があります。
「若い時代から喫煙してきている」とおっしゃるような方は、メラニンを抑えるビタミンCが大量に消費されてしまうため、タバコをのまない人に比べて多くのシミやくすみが浮き出てきてしまうのです。
どれだけ綺麗な人でも、日課のスキンケアをおろそかにしていますと、複数のしわやシミ、たるみが肌に出現することになり、見た目の衰えに苦労することになると思います。

一度できたシミをなくすというのは非常に難しいことです。よって初っ端から予防する為に、普段からUVカットアイテムを活用して、紫外線のダメージを少なくすることが要求されます。
一度できてしまったほっぺのしわを取り除くのはかなり困難だと心得るべきです。表情によるしわは、常日頃からの癖でできるものですので、何気ない仕草を見直すことが重要だと言えます。
あこがれの美肌になりたいなら、とにかく十二分な睡眠時間をとることが要されると考えてください。加えて野菜や果物をメインとした栄養バランスの取れた食習慣を心掛けていただきたいです。
原則肌と申しますのは角質層の一番外側にある部分です。しかし体内からじわじわと改善していくことが、面倒に感じても一番堅実に美肌を実現する方法なのです。
お腹に赤ちゃんが入っているときはホルモンバランスがおかしくなったり、つわりが大変で栄養が不十分になったり、睡眠のクオリティーが低下することにより、ニキビを始めとした肌荒れが生じやすくなるのです。